開発者の魂は作品と天気に反映

「幻」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるんだろう。過去の体験や先入観なんかが、「画家」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。

TOP PAGE

泣きながら踊る父さんと冷めた夕飯

いつも、至って大人しめのコーディネイトで出歩く私は、大変ビビられるけど。
靴下や化粧品やドレスまで勢ぞろいで、全部固めたいと思えば破産しそうだ。
なんとしても、ジルは辞められない。

雪の降る平日の夜は昔を思い出す
時は金也とは、素晴らしい格言で、ダラダラしていると、実際にすぐ時間が過ぎていく。
もーっと、素早く作業も締め切り前の報告書も終われば、そのほかの作業に必要な時間を回すことが出来るのに。
マッサージにいったり、長風呂したり、自炊したり、英会話テキストを読んでみたり。
そう考えて、近頃はしゃきしゃき取り掛かろうと気を張っているが、どれだけ達成できるのか。

曇っている週末の午後は昔を懐かしむ

煙草を吸う事は体調に悪い。
など、理解していても購入してしまうという。
社会人になりたての頃、業務の関係で紹介していただいた食品メーカーの社長である年配の方。
「私が丈夫なのは煙とアルコールのおかげです!」なんてはっきり言っていた。
ここまで言われると、無理な禁煙はしなくてもOKかもな〜と思う。

汗をたらして歌う先生と夕焼け
夕方、時間に余裕があったので、TSUTAYAへ足を運んだ。
新規でウォークマンに挿入する楽曲を見つけ出すため。
現在進行形で、よく楽しんだ曲が西野カナ。
時期に関係なく聞いているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽も素敵だと思う。
そう思い立って、今日はレンタルしたのはalizeeだ。
甘い声とフランス語の発音が良い雰囲気だと思う。

のめり込んで体操する母さんと草原

辺ぴなところに住んでいると、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、すごく便利だ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒だけしかなくて、本の品ぞろえも悪いから、手に入れたいマンガも買えないからだ。
取り寄せるよりインターネットで購入するほうがお手軽だ。
なぜならば、本屋に行くだけで車で30分以上かかるからものすごくめんどくさい。
オンラインショップに慣れたら、本以外もネットショップで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は必ずオンラインショップ購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

笑顔で大声を出す弟と夕立
「今晩はカレーよ。」
少年は母親のその言葉を耳にして、無意識にニッコリ笑った。
少年は学校が終わって家に帰ってから、居間でテレビを見ていた。
今日は格別に西日が強い。
網戸の窓では風鈴が風に吹かれて鳴っていた。
TVのアニメチャンネルでは、かつてのなつかしアニメをやっていた。
今日の放送は「一休さん」だ。
こんなにも頭の良い坊主が今いたら、学校のテストは満点取るだろうな、と少年は少し嫉妬を感じていた。
だけど、鍋のフタの隙間からカレーの香りがリビングまで漂ってきたとき、少年は一休さんのことは頭から吹っ飛んでいた。

陽の見えない金曜の深夜はカクテルを

江國香織の小説に出てくるヒロインは、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛を悪としない。
けれど、心から好きなのは旦那様だけのたった一人。
なんてヒロインが多いような気がしませんか。
不貞行為を陰だと考えれば、本命は陽。
たまにスイッチが入ったように陰が現れる。
不倫に対する良い悪いは置いておいて、登場する女の人を見つめる。
自分の中にもう一つの恋愛に対する考え方や価値観が現れることもありえる。

無我夢中で叫ぶ君と飛行機雲
今季は、海水浴に行っていないが、遊びにものすごく行きたい。
まだ、自分の子供が2歳になったばかりなので、泳がせないで砂遊びぐらいだが、たぶん喜んでくれると思う。
ただし、今、オムツを着用しているので、泳いでいる人の事を考えたら海水に入れない方がいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあることはあるが、ニュースでも議論になっているらしいので。

前のめりで叫ぶ父さんと冷たい雨

購入した生地で、幼稚園に9月から通う娘の園からの指定の袋を裁縫しなくてはいけない。
母親である嫁が作成するんだけど、私も嫌いではないので、手間取っているようだったら役割分担をしてやってみようと考えている。
指定のものをしまうものが園に入園するのに必須のようだ。
ミシンもいよいよついた。
使用感も試してみようと思う。

自信を持って話す子供と冷めた夕飯
太宰治の斜陽、ファンの私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に宿泊に行った。
同じく太宰大ファンの彼氏。
ここ安田屋旅館は、太宰治がこのストーリーの章の一部を考えるために泊まった宿泊施設。
部屋を進むと、ミシミシと、響く。
ランチのついでに見せてもらったのが、宿泊した2階にある角の部屋。
シルエットのきれいが富士山が少しだけ、姿を見せていた。
目の前の海の海面には生け簀が作られていた。
この辺は来たかいが大いにある。

Copyright (C) 2015 開発者の魂は作品と天気に反映 All Rights Reserved.

TOP
PAGE